アロマオイルの意味や種類とは?

アロマオイルの意味や種類とは?

アロマオイルというといい匂いがしたり、リラックスできる効果があったりしそう、というイメージがありませんか?アロマオイルを使って香りを楽しむ生活に憧れまる人も多いでしょう。しかしアロマオイルにも色々な種類があったり似たような名前のエッセンシャルオイルなどというものがあったり、何が違うのかよくわからないと思っていませんか。今回はそんなアロマオイルの意味をまとめました。

アロマオイルとは?

エッセンシャルオイルとアロマオイルは同じような意味で使われていますが、実はそのもの自体は全く違うものです。何が違うのかというとその2つに含まれている成分が違います。エッセンシャルオイルは植物の中に存在する香りを放つ物質のみを純粋に抽出したものでできており、100%天然のものです。アロマオイルも同じように植物から香りを放つ物質を抽出し作られていますが、合成の香料が混ざっており100%天然のものではありません。

オイルの名前が表示されていて似たようなものですと、ポプラオイルやフレグランスオイルもアロマオイルと同じ仲間になります。そのため、エッセンシャルオイルだけが100%天然のものでできているということになります。アロママッサージやアロマバスなど直接肌に触れてアロマを楽しみたいというのであれば、肌に刺激を与えないためにも100%天然のものでできているエッセンシャルオイルを使うのがいいかもしれません。

アロマオイルを上手に使いこなそう!

アロマオイルやエッセンシャルオイルには、含まれている成分が違います。アロマオイルには合成の香料が混じってはいますが、身近な場所でお手頃な値段で買えるので、簡単に香りを楽しむことができると言えます。

疲れた心と体を癒すのに
アロマの香りを楽しむという用途で使用するのであればアロマオイルは最適かもしれません。

アロマカテゴリの最新記事